おわり

舞台が、終わりました
とても静かです
来てくださった皆様、ほんとうにありがとうございました!!

いろんなもの頂きました
ありがとうございます

ご住所がわからず御礼を申し上げられない方は、ここで、御礼を申し上げたいと思います
ありがとう~~~~~!!!!

一本一本、様々なことを考え、感じ、勉強になります
ほんとうに、大事なことを教えてもらいます

しばらくゆっくりできるので、タダタダ、自分の体と心を休めるためだけに
すごしたいと思います

アタシの鏡前に貼っていた、絵です
これを、手本に、日々、がんばりました



b0090243_114869.jpg

[PR]
by mop-kimura | 2007-04-30 11:04

渋谷にて
こちらコクーンでは、東洋の画家の話「写楽考」を
パルコでは、西洋の画家の話「コンフィダント」を同時上演中

昨日、パルコへ!!

舞台の最高のものにめぐり合うと、興奮するねえ
しかもあたしは、ゴッホ好き!!
三大寺と、美味しい食事をしながら
芝居の話をして
帰り道、お互いの顔を何気に見たら
ものすごく幸せそうで
お互いにそれに気づいて、大笑いした

幸せやな!!!

と満足し合って、さよなら

敬ちゃんのなんて魅力的なことか(あんたは、フランス人か!!)
囲む画家演じる男性人も、見せてくれる見せてくれる

セリフがこれでもか、これでもかとしみてきて

途中の中井さんのセリフでこらえきれず

声が出ました

「うっ!!!」

「うっ!!!」って言いながら、ヒーヒーないているので

三大寺に、肘鉄食らわされたんでした
冷静にみよ
冷静に

[PR]
by mop-kimura | 2007-04-24 13:52

みんな夢の中

 鈴木ヒロミツさんの亡くなる8日前の肉声が1冊の本になる。
今年3月に肝細胞がんで死去した鈴木さんのエッセー「余命三カ月のラブレター」

ヒロミツさんの最後の仕事で、
ご一緒させていただいたことを
今日、マッサージを受けながら思い出していたので、
ネットで、ヒロミツさんのエッセーのニュースを見つけて
興奮してしまった

映画「歌謡曲だよ、人生は」
これから公開だから見てね!!

あの撮影のとき
深夜の学校の校庭で、椅子を円陣に並べてみんなで
四方山話をしながら、待ち時間をすごした

そのとき、ヒロミツさんが手相を見てくれたんですね
みんなの。

ヒロミツさんがアタシの手相を見てすごい驚いたの

「こんなすごい手相を始めてみた」って

すごいいい手相だといてくれるの

「ええっ!!そんなこと言われたことないし、あまりいいことないですし!!!!」とケラケラ答えたら

これからあるっていってくれるわけですよ、真面目な顔で。

「この世に名を残すよ、あなたは」って、ね

あきらかにアタシを励ますためにいってくれたんだろうし
なぜあんとき、ヒロミツさんがハッケミになってたのか忘れたけど
それは、いいとし

今思うとね
なんて、やさしい言葉を残してくださったんだろうって
しみてきます

くじけそうになったり
窮地に追い込まれたときに

あたいは、この世に名を残す女だぜ!!的目つきをして
その場を切り抜ける事にしています

「お守り言葉」をくれました

ヒロミツさんのエッセイに、早くあいたい
[PR]
by mop-kimura | 2007-04-23 17:39

であう

中島らもさんの「世界で一番美しい病気」を読んだ

「人と出会いますと、それだけ哀しみが増しますから・・・」

生きて別れること
死んで別れること

幸福に出会えば出会うほど別れの苦しさは言葉にできないほどだ

36歳のらもさんが、人との新しい出会いはなるべく避けたい
と書いている

とてもわかる

自分が死んだときに、周りの人がしんどくならないように
つまらなそうに生きて
お通夜が悪口で盛り上がるような、イヤなおっさんになりたいと書いてある

お酒をのんでて階段から落ちて、なくなってしまった、らもさんだった

あまりお話したことはなかったけれども
数年後に、らもさんのこの本を読んでいる

笑わされて、考えさせられて、幸せにしてもらった

すごいひとだなあ
すごいことだなあ

死んでからも出会える
[PR]
by mop-kimura | 2007-04-17 09:41

とうひ

ああ江戸からはなれたい

今日は、お休み!!

朝からワイン飲んでいい気分

ベランダにでて、ワインとチーズ
欧州な気分

雨降ってっし
寒いし
ダメだ
ベランダ無理

どうにか江戸から離れたいってんだ

ゴダールの、「大人はわかってくれない」

アキ・カウリスマキの「浮き雲」を
連続でみる

無理やり欧州させとくれ

あたしゃ、今、逃げちまいたい気分なんだよ
わかっとくれ

ああ、抜けやしないさ、江戸
[PR]
by mop-kimura | 2007-04-16 10:33

凡人より

男をたぶらかせることのできる女
は、どういう人なんでしょうかね

考えてもわかるこっちゃないし
答えはないですねえ

ひさし振りに思い立って

「天城越え」をみましたんです

すごいですな
やはり
田中裕子さんという人は
[PR]
by mop-kimura | 2007-04-13 14:01

初日

あきましたドドドーン

747人キャパのシアターコクーンが満席で、立ち見も出たので
800人くらいご来場!!ピー

しかも最高タイム2時間の上演時間
写楽考という芝居は、本来4時間くらいのしばいなの~~
なのに2時間ドドドーン

カットもしてるけどもです
早口です
ものすごいスピード感???で

あっという間に終わりましたピー

煙に巻く芝居です
巻かれますドドドーン

(注、ドドドーンやピーは太鼓と笛の音)
[PR]
by mop-kimura | 2007-04-06 14:56

美人画をめざせ

今日は、大変でした!!!

今回のアタシは、きれいでなくてはなりませぬの

だから、周りが大変

楽屋入りして、お弁当をほうばってたら

プロデューサーの北村さんが、ヘアーメイクの高橋さんを
引っ張って、やってきた
いつも以上にテンションが高い

「メイク、早めにしてもらってな。きれいにならなあかんねんから。
高橋さん、これを(アタシの子ってす)なんとかしてやってよ。お願いよ。頼みますよ。」

と、北村さんが高橋さんにでかい声で、頼みこんでいる
冗談かと思って、へらへら笑ってたら、北村さんの顔はマジだ

そして

ヘアーメイクの高橋さんの目は、血走っている

血走った目で、アタシの鏡横に、美しい浮世絵の美人画を、静かに貼り付けた

こわい

衣装の前田さんも、やってきた

「着物の前襟をあまりつめないで!!」

と、これまた、テンションがあがっている

「これくらいのかんじですかね~~~」
なんて、ノンキにいってると
殺されそうだ

「ミドリコさんの一番似合う襟の幅があるはずだから、それを見つけて!!」

「は、はい・・・・・」

結髪さんは、カツラをかぶる前に
少しでもアタシをきれいに見せようとして
目と頭の間にテープを張って釣り目にしてくれた
つりすぎて、三億円犯人みたいな顔になったので
みんな、だまりこくってしまった

急いでテープをはいで
再挑戦

このあたしをきれいに見せるために
そりゃもう大勢の方が、力を出してくださっている
プロってすごいねえ

見所の一つで~~~~す

なんて
ノンキなことをいってると
怖いことになりますから
今からパックします
さようなら
[PR]
by mop-kimura | 2007-04-04 10:02

稽古場ラストの日


ここ数日で、芝居がドンドンうねってきて
今日の通し稽古は、一番流れがよかったな
ワクワクしてきたな

後は、コンセントレイションを高め、リラックスすることだけ

演出家のスズカツさんが、稽古前にリラクゼーションの時間をくれた

みんなで横になって目をつむって

スズカツさんの言葉を頭の中で想像していく

「自分の体がドンドン重くなっていきます。」

「カラダが、ドンドン、暖かくなっていきます。」

といわれるごとに

まるで催眠術にかかったように、カラダがドンドン重く重く暖かくなっテイク

「そのカラダに名前をつけてください」

少しだけ悩んだけど

つけました

あんこどり(餡子がイッパイ詰まって重いアタシ(どり)な感じ)


「スクリーンを思い浮かべて、そこに自分が今まで一番達成感のあった状態を映し出してください」

アタシのスクリーンには

劇団公演の最後のシーンでの自分の後姿だった
自分の向うにお客さんがイッパイいる

その舞台の役柄は、自分の周りの人がどんどんいなくなって
最後に一人
夢の中で歌を歌うというさびしい女だった

ひどく泣いたり怒ったりするアル中の役で
見てる人がつらくなったり怖くなったりするのを
承知で
演じた役だった

2時間、狂ったように生きた感じがあった

最後のシーンまで来ると
泣き出したくなってたんだった

だから
そのスクリーンに映し出した自分の後姿をみて
ぼろぼろ泣けてしまっていた

完全に催眠術かかってるよね、あたし

リラクゼーションプログラムが終了し、

「それぞれのペースで、静かに起き上がってください」

との、スズカツさんの声

起き上がってこないし、た高橋君(かつみさん)

寝てるし

おいおい
完全に休まっちゃってるよ

高橋くんの近くにいた、徳馬さんとなつみちゃんは、高橋君のいびきが気になって
リラクゼーションできなかったらしいぜ

あああ
[PR]
by mop-kimura | 2007-04-01 00:40

キムラ緑子のブログ